コンタクトが大好き

カラーレンズ好きによるカラーレンズ好きのためのサイト

コンタクトレンズの貸し借りは絶対NG

コンタクトレンズを使用している人はとても多いです。
最近では若い女性を中心にカラーコンタクトの需要も高まってきています。
眼科を受診しなくても、バラエティーショップや通信販売などで簡単に手に入れることができ、値段も手ごろなものがたくさんあるため、とても身近に感じることができます。
しかしコンタクトレンズは事前に試すことができないため、購入してからサイズが合わなかった、デザインがイメージと違った、ということも少なくありません。

購入前に友達のを試してみたい、自分には合わなかったから譲る、と考える人も多く、そういったことからコンタクトの貸し借りを行っている人もいますが、貸し借りを行うことで目に重大なトラブルを引き起こす危険性があります。
自覚症状がなくても菌を持っているということも考えられますし、涙からウイルスに感染するということもあります。
毎日きちんとケアをしていてもコンタクトには目には見えない細かな傷が無数についていて、そこに菌が付着することで繁殖しやすい状態になってしまうのです。

一度でも装着したものは絶対に貸し借りはしてはいけません。
ならば未使用ならいいのか、と思いがちですが、コンタクトにはサイズがあるため、自分の目に合わないものを装着していれば眼球が傷つき、炎症を起こす可能性もあります。
コンタクトレンズは自分の目に合ったものを正しく装着することで、目のトラブルを起こさずに楽しむことができます。

コンタクト用洗浄液の選び方

ハードコンタクトレンズのお手入れの場合
コンタクトレンズに付く汚れには脂質、たんぱく質、カルシウム、最近などの雑菌があり、女性の方ですと化粧品の汚れが付く場合もあります。これらの汚れを落とすために適切な洗浄液を選んで使用することが大切です。
お手入れを行う際にはそれぞれのタイプに合った洗浄液を選ぶことになります。
ハードコンタクトレンズは水道水も使用して綺麗にしますのでそれを前提として洗浄液も作られています。
また、研磨剤が含まれているものを使用してしまうとレンズに傷がついてしまう原因になりますし、ソフト用でハードコンタクトレンズを洗浄してしまうと汚れを落とす力が不足してしまいます。
また研磨剤が含まれているとレンズが傷つく原因にもなりますので注意が必要です。
洗浄液には洗浄、保存ができるものがおすすめとなります。
ソフトコンタクトレンズのお手入れの場合
ソフトコンタクトレンズのお手入れに必要なものは洗浄、保存、たんぱく質の除去の他にすすぎと消毒も必要になります。
ハードコンタクトレンズの場合とは異なり素材そのものに水分が含まれている作りとなっており、レンズに付いた雑菌が繁殖しやすいですので入念に消毒しなければなりません。
ケースに浸してレンズを入れておくだけで洗浄、保存、消毒などを全部やってくれるタイプのものもありますので、1本で全てやってくれるタイプを選ぶと便利です。

また、カラーコンタクトレンズの手入れを行う場合、大抵はソフト用のものを使ってケアを行うことができますが、専用のものでないとケアできないものもありますので確認してからお手入れを行いましょう。

コンタクトレンズが目の裏側に入ってしまった場合の対処法

コンタクトが目のどこかに消えてしまった

コンタクトレンズを装着したままで寝てしまったりすると、角膜からずれてしまうことによって目のどこかに消えてしまうことがあります。コンタクトレンズが目の裏側まで行ってしまったのではないかと不安になる人も少なくないでしょうが、まぶた自体は袋状になっているため行き止まりになっています。そのため目の裏側や奥の方まで、コンタクトレンズが入り込むことは決してないため安心してください。

コンタクトレンズが消えた場合の対処法

まずは鏡をよく見て、目を左右や上下にゆっくりと動かします。そうするとコンタクトレンズの一部分が見えてくることが多いです。また、まぶたを上下に引っ張りながら目を左右や上下に動かすと異物感が感じられます。このような対処をしても見つからない場合はコンタクトレンズを落としてしまっている可能性もあります。万が一、目の奥のほうにずれた場合はずれた方向と逆の方向を見てコンタクトレンズを触り、中央の方に動かすようにするとよいです。それ以外にも、目薬を挿したり目の洗浄液を使うなどの方法も効果的ですし、水を張った洗面器に顔をつけ目をパチパチしてみるのもよいでしょう。このような方法を試したけれどどうしても取れないという場合には眼科を受診し、医師の指導のもとレンズをすぐに取ってもらう必要があります。いずれも強引な対応をすると目を傷つけてしまう恐れがあるため注意しましょう。

安いコンタクトレンズで失明する人はいるのか

眼科の検診を定期的に受けて失明を防ぐ

コンタクトレンズを購入する際には眼科の検診が必要です。通販サイトでは購入する際に不要とされているケースもありますが、定期的な検診を必ず受けるように推奨していますので、継続して利用していくのであれば検診は欠かせません。安い価格で提供できているのは、このような検診などの過程をカットしているからであり、店頭で購入する際は併設している眼科で検診や眼球に適したレンズを選んでもらえるため、トータル費用が多少高額になるのです。このような理由から、安いからといって検診を全く受けずにコンタクトレンズを継続使用していると失明の危険性が高まります。

コンタクトレンズの数値をチェック

レンズのパッケージもしくは外箱には酸素透過性や含水率などの数値が記載されています。店舗や通販サイトでは複数のコンタクトレンズを扱っていることが多く、これらの数値を比較していき眼に負担のかからないレンズを選ぶことが望まれます。一定の数値を超えていれば失明の恐れはありませんが、気をつけなければならないのは使用期限です。使い捨てタイプのコンタクトレンズは品質を維持するために使用期限が設けられていまして、大幅に割引をされて安い商品はその使用期限が迫っているという可能性があります。期限切れのレンズは素材自体が劣化して破けやすかったり変形を起こしているなど、眼球に傷をつけてしまう可能性が高まるため失明の危険性があることを忘れてはなりません。

2weekを1日おきに使用すれば、1ヵ月間使えるのか

・コンタクトレンズは利点が多い

眼鏡が邪魔でコンタクトレンズを、使ってみようかと考えている人は多いのではないでしょうか。
普段眼鏡を使っていると、その不便さを感じる時というのは数多くあります。
雨の日では眼鏡に水滴がついて視界が悪くなってしまったり、寒いところから温かいところに入ると眼鏡が曇ってしまい、全く前が見えなくなってしまったりなどということがあります。
また、眼鏡は外見を大きく損ねるだけに、それが嫌いだという人も多いことでしょう。
そこで、これらの問題を全て解決してくれる、コンタクトレンズを使ってみようと思っている人も多いですよね。

・コンタクトレンズは使用期限厳守

眼鏡に比べてはるかに利点の多いコンタクトレンズですが、眼に直接入れるものなのでその取扱法は特に気をつける必要があります。
近年では使い捨てのレンズが主流になり、定期的に新しいレンズと交換できるため衛生面の観点からは非常に良くなりました。
しかし、それでも使い方を誤れば眼にトラブルをおこしてしまうこともあります。
2weekのレンズを1日おきに使えば1ヶ月間使えるのではないかと思っている人もいますが、2weekはあくまでも使用期限であり、装用回数ではありません。
そのため、1日おきに使っても1周間に1回しかつかわなくても開封して一度目に入れてしまえば、2週間しか持たないのです。
大事な眼を守るためにも、使用期限はしっかり守って使うようにしましょう。

含水率や酸素透過性で選ぶ

含水率の高いコンタクトのメリットと注意点

コンタクトレンズの使用感は含水率によって変わってくることがあります。もちろん定期的にコンタクトレンズ専用の目薬をさし眼にとって良い環境を保つことも大切ですが、含水率が高ければ潤いを維持できるので一日快適に過ごせる可能性があります。ただし、注意しなければならない点として、含水率が高いと目薬や涙の水分を吸い上げてしまいますので逆に乾いてしまうことがあります。また汚れも一緒に吸ってしまいますので、使い捨てのレンズは一度きりという利用方法を順守したり、何度も利用するタイプのレンズは専用の洗浄液でしっかりと洗って保管をするなどレンズを清潔な状態に保つ努力が欠かせません。

酸素透過性の高いコンタクトを利用し失明を防ぐ

コンタクトレンズを眼に入れるということは蓋をかぶせているのと同じ状態になります。裸眼の時よりも空気と接する面を減少させてしまうため、十分な酸素供給ができなくなります。コンタクトの酸素透過性はレンズの厚みによって変化していくもので、透過性が高ければレンズが薄く、その反対に低ければレンズが厚いということになります。また、最近ではそれなりの厚みがあっても酸素を透過しやすい素材を用いていることがありますので、レンズを選択する際に参考にします。特にハードコンタクトレンズは酸素透過係数の高いものを選ぶと眼にとって快適な環境を維持できますし、涙から酸素を供給しやすくなります。

まずは眼科の受診が必須

コンタクトレンズを利用する時は

視力矯正を行う手段の一つとして人気なのがコンタクトレンズです。
メガネと違い見た目に影響を与えずに済みますので、メガネが似合わないという方に打って付けです。
さらにはメガネと違って視力矯正できる範囲が広い為、裸眼のような視界で過ごす事ができますし、歪みなどもありません。
とても便利なコンタクトレンズですが、実際に利用する際には必ず眼科を受診する事が大切と言えます。
近年はコンタクトレンズをネット通販で購入する事ができますので、どなたでも簡単に手に入れる事ができます。
しかし、コンタクトレンズは眼に直接装用する機器になりますので、いかに安全に利用するかという事が重要になります。
その為にもまずは眼科を受診し、眼に異常がないかという基本的な部分をしっかりと確認しておく事が大切です。

コンタクトレンズを安全に利用する為に

安全にコンタクトレンズを利用する為には、利用する際の注意点をしっかりと守る必要があります。
注意点としては、まず連続装用タイプではない限り、必ず眠る前には外しておくという事が挙げられます。
装用したまま眠ってしまうと雑菌が湧いてしまいますし、さらには角膜を傷付けてしまう恐れがあります。
それによって思わぬトラブルに見舞われてしまうケースも珍しくありませんので注意が必要です。
他にも直接眼に装用する事になりますので、確実に洗浄を行い、清潔な状態にしてから装用する事も必要不可欠です。

コンタクトレンズをつけると視力は落ちるのか

コンタクトの長時間利用を避ける

メガネと比べてコンタクトレンズの場合は、頻繁に装着したり外したりということを繰り返さないので、眼に負担がかかってしまいがちです。疲労が蓄積することによって視力低下を招く可能性もありますが、それよりもコンタクトレンズの正しい使い方を守っていないことで、眼を傷つけてしまうケースがあるのです。規定時間以上に装着をしているとコンタクトレンズの水分含有量が減少したり、酸素の供給量が不足したりして眼球にダメージを与えてしまいます。直接視力が低下するよりも、傷によって眼を痛めて見えにくくなるというケースがあります。

度の合ったコンタクトレンズを選択

10代の頃は視力の変化が大きく、メガネを作ってもすぐに度が合わなくなってしまいます。見えにくいメガネを使うことで眼に負担がかかってしまいますので、使い捨てタイプのコンタクトレンズを用いれば定期的に買い直しができます。使い捨てのレンズなら購入するたびに眼の検査をして度を変更できるというメリットがあり、眼への負担を減らすことで視力の低下を緩やかにできる可能性があります。検査を頻繁に行っていると、わずかな変化もチェックできるので眼にとってより良い環境が保たれます。いずれにせよコンタクトレンズを装着したまま寝てしまうなど、無理な使用方法によって眼が悪くなることがありますので、必要に応じてコンタクトレンズを装着し生活における利便性を向上させられるよう活用していくことが大切です。

2014年6月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30